仲町台もみのき保育室

PAGE TOP

もみのきだより

毎月発行している保育室だよりの“6月号”から各クラスの メッセージを抜粋しました。

 初夏の日差しが降り注ぎ、せせらぎ公園の紫陽花のつぼみも膨らみ始め、色づきを待ち侘びているようです。戸外で思いっきり遊べない『水無月』が今年もやってきましたが、雨上がりの日は、自然の贈り物でいっぱいです。葉の陰からかたつむりを見つけたり、水たまりに靴底を少しだけ濡らして、足スタンプを楽しんだりと、かわいい笑顔に出会うチャンスが沢山あります。室内では、各クラスに「静」と「動」の活動を工夫しながら、楽しい時間と愉快な空間を作っていきたいと思います。
 毎年この時期は肌のトラブル、急な発熱、下痢症状など夏の病気が増えてきます。各ご家庭と連絡をしっかり取り合いながら、早期完治ができるよう心がけていきたいと思います。

スタッフ一同より

もみじぐみ(0歳クラス)

 集団生活にもすっかり慣れ、他のクラスのお友だちや先生たちの中に入っても、笑顔で遊ぶ姿が見られるようになりました。積極的に色々なおもちゃに手を伸ばしたり、つかまり立ち、伝い歩き、ハイハイを思い切り楽しんでいます。先月は雨降りの日が多く、室内で過ごす時間が増えました。クッションを重ねた段差を登ったり降りたり、乗り越えたりと、凹凸感を楽しんでみました。今月はきっと梅雨入り・・・。さらに新しい遊びを見つけて、充実した時間を沢山作っていきたいと思います。

いちょうぐみ(1歳クラス)

 日差しが夏の輝きを増し、衣替えの季節を迎えました。子どもたちは戸外へ出て、元気に過ごしています。「お散歩に行こうね。」と声をかけると、自分のマークの帽子をかぶろうとしたり、玄関では靴下を頑張って片足だけでも履こうとしている姿に、微笑ましく思う担任たちです。「かちて(かして)」や「うんぱん(じゅんばん)」など少しずつ言葉を言えるようになり、お友だち同士一緒に仲良く遊べるようになってきました。
 一人ひとりのやる気を見守り、興味の広がりを大切にしていきたいと思います。

かえでぐみ(2歳クラス)

 新生活にも慣れ、子どもたち同士で“○○ちゃんおいでー!”、“一緒にやろう!”、“大丈夫?”など、互いを思い合うやりとりも聞かれるようになりました。散歩中に虫を見つけると、「図鑑で調べよう!」と盛り上がり、お部屋に戻ると肩を寄せ合って本をのぞき込んでいます。同じ遊びを楽しむ中で、共感したり、時には自分と相手の違いを知ったりといった経験を沢山してほしいと思います。
 クラスとしての小さなまとまりを少しずつ感じるかえでぐみです。

給食室より

 新しい環境での給食がスタートしてから、早いもので2か月余りが経ちました。もみじぐみは食欲旺盛でなんでもモリモリよく食べてくれます。いちょうぐみはお行儀よくテーブルについて、給食を心待ちにしてくれています。かえでぐみは献立の説明をみんな真剣な表情で聞いてから、おいしそうに食べてくれます。
 これから夏に向けて、さらに衛生面、安全面に気を配り、心にも身体にもおいしい給食を提供したいと思っています。